「つまり、この灰皿を描くとしよう、いいかい、この灰皿を描くとした場合、
灰皿を移してはダメなんだ。もし写したとしてもそれは本物ではないね、
そんな時はこの灰皿を中心にして円を描き、その円を外側の方からだんだん小さくしていけば、おのずと灰皿が浮かび上がってくるものだ」

あの時、あの人は物の描き方ではなく
真実とは一体なんであるか、また、真実にたどり着く方法を教えてくれていたのかもしれない

30 間近にして気付くこと、学ぶべきことはまだまだ膨大である

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。