本について 2 花村萬月

洋と出会う迄は相変わらず独りだった

影の低い街で人を殴ることを覚えた

暴力はセックスに似ているし

楽しかった。

もっとしたかった。

その頃は山崎になりきっていた。笑う山崎に

自意識過剰だった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。